ニコ生RTAにハマってます

今さら的なところはありますが。最近、ニコニコ生放送のなかでもRTAにハマっていて、気づけば携帯アプリを開いています。ご存じない方のためにお伝えしますと・・。RTAとはリアルタイムアタック (Real Time Attack)の略語で、簡単に言うと「どれだけ早くゲームをクリアしたか」を競う一種の楽しみ方になっています。

たかがゲームと侮ることなかれ。海外ではSpeedrunという呼び名で競技として確立された感もあるそうで、日本でも毎年年末に『RTA in Japan』という大規模なRTAイベントが開催されています。その特性上アクションやシューティングなど”動かすゲーム”が主のようですが、私がよく観ているのはRPG、ドラクエやFFです。

私も御多分に漏れず小・中学校時代はドラクエっ子、FFっ子でした。すべては理解できなくてもそのストーリーに熱く感動した思い出に残る名作も多数です。はじめてニコニコのRTA動画を観たときはそれらの思い出をすべて破壊されました。究極まで速さを追い求めるRPGは私の知っているドラクエではありませんでしたから。

ひと言で言いますと・・。RTAとはまるで詰め将棋だな、と思います。Aという場所でBという敵を何匹狩って、Cという地区でDを先頭にしてEという道具をDに入れて、とか、とにかく緻密です。それを数時間ミスなく操作する集中力が求められるうえで、個人の努力ではどうしようもない運要素で決まったりすることがあります。

自分はストレスで耐えられなくなり間違いなくコントローラーをぶん投げてしまうと思います。それを1日何時間も、何日も何年もやっている方もいて・・。他人からしたら究極の時間の無駄使いに捉えられてしまうかも知れないけれど、何か一つのことに延々と向かい合うことは誰にでもできることではないです。敬意を表します。(とある生主さんの動画を観てあまりの懐かしさについ書いてしまいました。⇒ヒットラーの復活)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。