歳を重ねる毎に綺麗になる女性

サムネイル画像は20年前のフジテレビのドラマ、『神様、もう少しだけ』より(そんなに経つんですね。少しだけ懐古厨)。この作品でブレイクしたフカキョンこと深田恭子さんです。彼女は当時15歳。芸能界デビューしてまだ1年という時期で、ドラマ出演もはじめてだったようです。初々しさ満載の画像がこちら。

そして、以下が20年後。現在の彼女です。

可愛いに疑いはありませんが、私は女子高生のフカキョンちゃんには惹かれませんでした。性行為でのHIV感染というテーマと時代背景上必要だったと思われる眉もタイプではないですね。ただ、現在の彼女にはとても色気を感じます。タイトルにした「歳を重ねる毎にどんどん綺麗になっているな」と感じる方ですね。

商売柄、女性芸能人は美の象徴として扱われます。誰とは言いませんが、30代半ばを過ぎてやれ激太りだの劣化だのと可哀そうなくらい叩かれている方もいますよね、浜●あ●みさんではなくて●崎●ゆ●さんのように。ただ。これは芸能人一般人問わず「飯のタネ」で叩かれるのは受け入れるべきことだと思っています。

例えばキモいデブのおっさんは営業マンですが。毎月会社から与えられている数字を果たせなければ叩かれます。顧客に対して約束したサービスを期日までに提供できなければ叩かれます。そして、コンプライアンスに違反した営業活動をやりかしてしまったら叩かれます。何も誇れませんが、やりかしたこと、正直ありますよ。

言い方を換えると、叩かれているうちが華なのかなと。例えば前出の某浜崎さん、ファンもそうでない方も”彼女に興味があるから”叩いているということ。「好きの反意語は無関心」などという言葉がありますが、もし私が浜崎さんの立場だったとして。誰にも相手にされなくなったら。SNSにバッシングのコメントすら一つもつかなくなったら・・。きっと耐えられなくなるだろうな、正真正銘引退を考えるだろうな、と思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。