美人局

今回はほぼ引用記事です。18歳未満とのセックスが青少年保護育成条例(いわゆる淫行条例)違反にあたる可能性があり、そこに金銭のやりとりがあれば児童買春(買春)になるというのを逆手に取った美人局事件です。こういう悪さをする連中もいるので18歳未満の側も罪に問うべき、という意見があるのでしょうが・・。

美人局は「つつもたせ」と読みます。もともとは夫婦が共謀して行う恐喝行為、または詐欺行為を指してそう呼んでいます。妻が「カモ」になる男性を誘って不貞行為をし、行為の最中または終わった瞬間に夫が現れて、妻とセックスしたことによる因縁をつけ法外な金銭を脅し取る、という手法です(Wikipediaより)。今回の事件は2015年1月、福岡県の大牟田市で起きた事件。中学2年生の女子が関係しています。

【出会い系サイトで知り合った男性から30万円を脅し取ったとして、警視庁少年事件課は、恐喝容疑で、福岡県大牟田市の無職の男=当時(19)=と、交際相手で同居の中学2年の女子生徒(14)を逮捕した。同課によると、2人は容疑を認め、女子生徒は「援助交際を装えば金を取っても通報されないと友人から聞いた」などと話しているという。

逮捕容疑は、共謀の上で昨年10月、女子生徒が出会い系サイトで知り合った川崎市の大学3年の男子学生(21)を東京都新宿区のファミリーレストランに誘い出し、男が「人の嫁に何をした」などと脅迫。モデルガンを見せるなどして現金30万円を脅し取ったとしている。

2人はほかにも計4件の恐喝や恐喝未遂を繰り返したと供述。また、別の大学生から3万7千円を脅し取られたとの被害届が出されており、同課が関連を調べている。】

引用:産経ニュース https://www.sankei.com/affairs/news/150126/afr1501260023-n1.html)

21歳が14歳と出会おうとしたのも(w)ですが、19歳が14歳を嫁ときましたか・・。さすがにそれは無理があるのでは・・w

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。