ゲイレポーター 酒井佑人

サムネイルはレスリングの吉田沙保里選手の引退会見での一コマより。とある記者(?)から予期せぬ質問をぶつけられて戸惑っている表情です。若干イラっとした様子が窺えながらも(そりゃイラっともしますがな。)、それでも真摯に回答しようとする姿をご覧頂ければと思います。以下、動画です。

「ゲイレポーターの酒井佑人と申します。よろしくお願いします。日本人プロレスラーではじめて性同一性障害であることを公にした朱崇花(あすか)さんですけれども。その方についてのご感想と、あとは日本のLGBTについてどのようにお考えなのか、あとは、それに関連してご結婚のご予定というのはありますでしょうか?よろしくお願いします」

引用元:ANN NEWS

吉田沙保里さんには大変申し訳ないのですが・・。世界大会やオリンピックでの連覇など、偉大な功績を残したレスリングからの卒業式ともいえる彼女の晴れの舞台をぶち壊すかのようなこの質問、及びゲイレポーター。そして酒井佑人という人に私は完全に”釣られて”しまいました。調べてみると・・。記者会見において上記のような場違いの質問をしたのは対吉田沙保里さんがはじめてではなく、常習犯だったようですね。

酒井 佑人 (さかい ゆうと、1991年2月26日)は、日本のゲイリポーター、ゲイタレントである。血液型A型。 アースライズプロダクション所属。かつてはトレジャーエンターテイメントに所属していた。

ゲイのレポーター、タレントとして活動。
2017年4月12日 浅田真央、引退記者会見インタビュー 全局、全インターネットメディア、全スポーツ新聞にて公開され、Yahooのトップニュースにも掲載。
2019年1月10日、女子レスリング選手吉田沙保里の引退記者会見で、「ご結婚のご予定っていうのは?」と質問し、「自分はLGBT当事者で発信しているくせに、女性の生き方には土足で踏み込むな」と大きな非難を浴びる。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/酒井佑人

「LGBT差別解消」「同性婚法制化」のために活動されているそうで、その理念に関しては大きな拍手を送りたいのですが・・。浅田真央さんや吉田沙保里さんの会見で「ご結婚のご予定は?」と質問する行為、LGBTの差別を解消するどころか「ゲイの人だからこそ、LGBTの人だからこそこういう質問をするんだ」という差別の推進に繋がりかねないと、まったく気づいていないところに憐れみを感じてしまいますね・・。

レポーターを名乗るのであればヒアリング能力は身につけるべき。自身とその活動に興味を持ってもらうために著名な方の会見を利用する行為を百歩も千歩も譲って許されるものだとしても、当人を困惑させる質問であるのなら論外。例えば私が吉田沙保里さんにLGBTについての質問をするなら以下のようにまとめます。あの場でこういった質問をしちゃダメです、に私も同意ですが、無理やりこじつけてみましたよ。

「エロブロガーのキモデブと申します。よろしくお願いします。突然で恐縮ですが私はゲイでして、アスリートとLGBTについて取材をしております。現在IOC(国際オリンピック委員会)が設けているルールとしては、FTM(女性から男性になった)アスリートは条件なしで男性として参加可能ですが、MTF(男性から女性になった)アスリートはテストステロンの基準値など含め一定の条件をクリアしなければいけないとあります。国際大会出場の経験が豊富な吉田沙保里選手だからこそお聞きしたいのですが、この件に関してどういったご感想をお持ちでしょうか?また、具体名は伏せて頂いて結構なのですが今までLGBTの選手と接した経験があれば、そのエピソードをお聞かせ願います。

(※追記)酒井佑人さん、2月1日付けのブログでこの会見、及び自身への批判に関して触れています。これ以上釣られたくないので引用はしませんが、ご興味ある方はご覧になってみて下さい。私の感想だけ書いておきますと・・。世間に対して謝罪する必要はないです。ただ、吉田沙保里さんに対する謝意は述べましょう。批判に対して論点を捻じ曲げるのはよくないです。そして、最後に。現代はSNS≒世論の時代ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。